個人輸入に潜む罠を見ぬこう

男性型脱毛症や男性勃起治療薬など最近では医薬品の個人輸入が増加しています。
実際病院の外来に行くのが面倒だとか家族に通院を知られるのがいやだという理由が挙げられます。
また日本で処方してもらうよりも薬の値段が安いことも個人輸入に拍車をかけています。
しかし薬の個人輸入はいいことばかりで社ありません。
個人輸入に潜む罠を具体的に挙げていきます。
まず、個人輸入をお願いする会社が信頼ある会社かどうかです。
これはネットでその会社の名前に評判、評価などの検索ワードで調べれば同じように購買した人の情報を得られます。
そしてこれが一番重要なのですが個人輸入した商品が本当に本物で信頼できるものかどうかを判断することです。
これはとても難易度が高いといえます。
今の時代は医薬品のラベルなどはカラーコピーで簡単に複製できます。
これの対策もやはりネットで購買された方の評価をみるのが一番です。
決して商品が届かないや薬が怪しいという書き込みのあった販売店では買わないことです。
トラブルを未然に防ぎ自分の体を守るためにも念いは念を入れることが重要です。
個人輸入は安価で気軽に商品を買える代わりに危険が多いのも事実です。
そしてそれを見ぬこうとする努力が必要です。

インド製のジェネリック医薬品を知ろう

インド製のジェネリック医薬品のメリットとは、とても安価に入手できるところにあります。
元々ジェネリック医薬品とは、特許が切れた有効成分を含んだ医薬品のことです。
要するに、特許の有効期間内であれば、莫大な特許料を支払って製造しなければならなかった医薬品を、特許料を支払うことなく製造できるのですから安価になるはずです。
その上、インド製のジェネリック医薬品は、人件費が非常に安いインド国内で製造しますから、ますます安く製造することができるのです。
ところで、インド製のジェネリック医薬品を入手する方法と言えば、インターネットの個人輸入代行サイトを利用する方法が一般的です。
インド製のジェネリック医薬品は、個人的に輸入しようとすると、手続等で素人にはなかなか難しいものがあります。
また、輸入する数量も限られますから、輸入にかかる送料も割高になってしまいます。
しかし、インターネットの個人輸入代行サイトでは、多くの購入者を募った上で、大量に輸入しますから、輸送費も安く抑えることができるのです。
インド製のジェネリック医薬品をはじめ、医薬品の個人輸入が盛んに行われるようになり、その安全性も確認されつつあるために、医薬品の個人輸入はますます需要が伸びているのです。

人気が高いシアリスジェネリックを知ろう

シリアスはタダラフィルを主成分とするED治療薬で、アメリカのイーライリリー社より2003年より販売が行われています。
そして、日本国内に於いては2007年に厚生労働省の承認を得ており、医師の処方により正規品を服用することができます。
しかし、このシリアスには主成分を同じにするジェネリックも幾つか存在し、特にインドの製薬会社から多く販売がされています。
また、個人輸入業者によって扱われていますのでこれらを手に入れることもできます。
そして、特に人気が高いシアリスジェネリックとしては、タダリスやメガリスまたタドラが挙げられます。
これら3つのジェネリックはシアリスと同じタダラフィルが用いられており、いずれもインドの大手ジェネリック製薬会社で製造・販売されています。
特徴としては先発薬であるシリアスに比べて非常に価格が安くなっており、具体的にシアリスは1錠あたり2900円であるのに対して、タダリスは約123円、メガリスとタドラでも約137円程度ですので20分の1以下となっています。
そして、これらの他にも更に安いジェネリックは存在しますが、効果の点から以上の3種類に人気があり、また日本からの購入のし易さという点でも人気が高くなっています。