複数の要因によるEDとタダラフィル

EDの多くは機能的要因によるものといわれており、これは女性に対する心理的な抵抗感や、うつ病に代表される精神疾患など、肉体レベルでの異常以外のものが引き金となっているケースが該当します。そのほか、暴飲暴食や運動不足がたたっての動脈硬化など、肉体レベルでの問題がEDという症状となって反映するという、器質的要因によるものもあります。EDの症状というのは、実際には単一の要因によるものではなく、これら複数の要因がからみあって発生していることもしばしばみられます。
EDの治療のために手術という手段をとる場合、器質的要因によってEDになっていたのであれば、その手段は適切であるといえますが、機能的要因による場合には、このような手段をとることができません。そのようななかで、医薬品として流通しているED治療薬には、器質的要因、機能的要因のどちらであっても効果が上がることが確認されているため、治療方法としてもまずはED治療薬の投与が先行することが多くなってきています。
このED治療薬の成分は、銘柄によってさまざまなものがありますが、たとえばタダラフィルという成分であれば、性器の血管の平滑筋とよばれる筋肉を拡張させるという効果が知られています。タダラフィルのこのようなはたらきによって、性行為をするときには十分な血液が性器のなかに行き渡るようになりますので、結果的にEDの症状が改善されて、通常の男性と同様の持続力を保てるようになるのです。
ただし、ED治療薬には飲み合わせのよくない医薬品なども存在しており、たとえばニトロのような硝酸剤、ある種の抗真菌薬などが該当していますので、服用にあたっては注意が必要です。